福岡市中心市街地(博多・天神地区)のまちづくりを視察

商業第1部会では、7月10日~11日、福岡市中心市街地(博多・天神地区)のまちづくりについて「博多まちづくり推進協議会」・「We Love 天神協議会」を訪問し、両協議会の運営や取り組みについて視察研修を行いました。

060080

博多地区は平成23年3月の九州新幹線全線開通や日本最大級の駅ビル「JR博多シティ」の開業により九州の玄関口として賑わいを見せています。また、天神地区は大型商業施設やオフィスビルが集積し九州最大の繁華街として博多地区同様の賑わいを見せており、両協議会とも毎年様々なイベントや社会実験を実施することで賑わいの創出に繋げています。このほか情報発信の促進による認知度の向上や駅周辺における交通問題への取り組み、周辺地域のまちづくり団体との連携強化等を通して集客力の向上に努めています。

066072

 

Filed under: 経営支援二課 — umezawa.tsukasa 6:27 PM

税理士が教える決算処理の実務講座

1月23日・29日と「税理士が教える決算処理の実務講座」を開催しました。

講師は、あんどう税理士事務所の安藤由紀氏です。

受講者自身が入力している会計データを基にその場で決算書を作成できるとあって、受講者は熱心に質問していました。終始アットホームな雰囲気で行われ、とても好評でした。

Filed under: 経営支援一課 — shoji.mariko 9:21 AM

中小企業金融円滑化法終了対策セミナー

11月29日、「中小企業金融円滑化法終了対策セミナー」を開催しました。講師は、株式会社ネクストフェイズ東川仁氏です。90日で会議所から呼ばれる講師になる方法の著者でもあります。

参加者は、テーマ性もあり多くはなかったですが、事業者に役立つ内容であり、講演が終わった後も個別に質問された方がいらっしゃいました。

金融機関と良好な関係を構築していくためだけでなく、自社の経営の精度を上げるためにも、経営計画書を作成し見直ししていく必要であるとの言葉が、とても良かったです。

Filed under: 経営支援一課 — shoji.mariko 9:35 AM

「事業資金相談会」

11月14日(水)15:00~17:00、地元16金融機関のご協力により事業資金の相談会を開催し、相談者は14事業所延相談者数32件という結果でした。

この件数が多いか少ないかを判断することは色々な要因があり難しいと思いますが、複数の金融機関を廻り、この相談会を有効に活用している事業者もいらっしゃいました。

Filed under: 経営支援一課 — shoji.mariko 10:01 AM

気仙沼再訪

平成24年10月12日~13日の2日間 柏商工会議所建設業部会と環境保全委員会の合同視察研修で、宮城県気仙沼市他の被災地を訪問した。

昨年8月に「東日本大震災の復興を支援する柏市民の会」で気仙沼市を訪れていたので、現在までの復興の進捗状況を見せて頂ける機会となった。テレビ等で報道される復興屋台村(仮設商店街)のニュースなど明るい話題はごく一部で、震災の傷跡がいたるところに見られ、復興にはまだまだ時間がかかることを痛感させられた。

気仙沼商工会議所を訪問し、熊谷建設業部会長ならびに熊谷事務局長と面談、

復興へむけての取組みを聞かせていただいた。被災した事業所の再生支援として、中小企業基盤整備機構による仮設施設が48か所(うち仮設商店街4か所)設置され事業を再開しているとの由。

一方、本格的な復興に向けて、国のグループ施設復旧補助事業の認定が進んでいるが、地盤沈下に伴う用地の嵩上げや区画整理事業との調整に時間を要したり、施工業者が不足し年度内工事完了が困難などの問題があり、スピード感のある動きとなっていない等課題も山積している。

「柏市民の会」の活動は気仙沼市民に浸透しており、いたるところで感謝の言葉をいただいた。特に、避難所での市民ボランティア活動の評価は高く、お役に立てたことを誇りに思うと同時に、市民の会に協力いただいた市民・事業所の皆様に改めて感謝するものです。

今回は気仙沼市内のほかに、南三陸町、陸前高田市も訪問したが、どちらも復興は道半ばで、多くのボランティアの方が全国各地から応援に来ていた。震災から1年7か月が経ったが、まだまだ被災地への支援は不可欠で、継続が必要だということを改めて感じた視察となった。

Filed under: 総務課 — ブログ編集者 11:27 AM